John John Festival

イギリスの隣の小さな島国、アイルランドの音楽を演奏する3人組。

フィドル(バイオリン)と歌、ギター、それにアイルランドの太鼓。バウロンを使って奏でる音楽はリズムやグルーヴ、優しさ楽しさ、時に哀しさに満ちている。空気に触れて、呼吸を合わせてどこまでも高く登りつめ、呼吸を整えてどこまでも静かにささやく音楽。弾く人も聴く人も幸せにする、それがJohn John Festival。

結成2010年1月。1st album『John John Festival』同年10月リリース。2012年3月に2nd album『歌とチューン』をリリース。2013年8月にシンガー笹倉慎介とのコラボレーションアルバム『trek trek』をリリース。毎年末には青山CAYでの自主企画「JJF感謝祭」を開催。森のカフェフェスinニセコ、Life is beautiful、東京蚤の市、森道市場といった野外フェスにも多数出演。2014年1月にはオーストラリアツアーを成功させる。

2014年6月から2年間の活動休止期間を経て、2016年より活動を再開。2016年10月、世界最高峰のケルト音楽祭Celtic Coloursに出演決定!年内に笹倉慎介プロデュースによるニューアルバムをリリース予定。

SOAP

2008年、長野県佐久市にて結成されたInstrumental band。 Acoustic drumとelectric pianoをリアルタイムでEditする、live electronicaというスタイルを特徴とする。 その音楽性はtechno/house/dub/electronica/post-rockなど多岐に及び、VJやVocalistなど様々なアーティストともコラボレーションするなど、枠にとらわれないスタイルでのLiveを展開中。 2009年に1st Album、2010年に2nd EPをリリース。 日常の一歩外側にある世界を表現するため、精力的に活動している。

Otonowa

ドラムサークル

0歳から100歳以上までどなたでも参加OK。輪になってタイコを鳴らして命のリズムをわかちあおう!

リズムを使ったコミュニティづくりの手法『ドラムサークル』で、人と人とが心地よくつながる場づくりをしています。企業や組織の研修、学校教育現場、福祉施設、イベントなど様々な場所で展開中。