ジビエトークショー

長野でジビエ宿を営んでいる長谷部氏、猟師の小淵氏、獣肉加工施設を営む山崎氏が、ジビエのあれこれを語るトークショーです。

●長谷部 晃(ざんざ亭):写真中央

林業の仕事で長野県伊那市長谷に住み着き、猟師になる。その時初めて鹿や猪、熊を食べ普段食べている家畜との違いに驚愕する。そして、この地域で多く獲れあまり好んで食べる習慣がなかった鹿に注目し美味しく料理したいとの妄想にふける。そして何年か後になんと無謀にもジビエ料理人になってしまい現在に至る。 この長谷の地で猟師さん解体処理人に恵まれ一頭丸々使い切る特殊なジビエ宿を営んでいる。

●小淵 幸輝(猟師):写真左

長野県伊那市長谷に在住の猟師。ざんざ亭に良質の鹿を提供しており(解体処理場を通して)長谷の鹿の価値向上を担っている。 さらに南アルプス里山案内人であり、里山案内人の養成も行っている。

●山崎 悟(山崎商店):写真右

長野県松本市にて、長年従事した大工から飲食店勤務への転身を計る。 その中で増え過ぎた鹿が駆除され捨てられている事を知り、心の底から命が勿体ないと感じた。 農林業被害を防ぐために駆除は仕方がないが、ならばせめて、その命を余す所なくきちんと活用し地域の宝にしたいと考えた。 紆余曲折を経て、多くの方々の協力を頂き今年4月に松本市内田にて松本平で初となる獣肉加工施設を設ける。 現在は、信州の山の恵みであるジビエを県内外の飲食店に卸し、ジビエ肉の普及活動に努める。 自然を大切にし、地域の活性化を目指している。

「“ワナ猟”の話を聞いてみよう!」「“ワナ猟”を体験してみよう!」

※「“ワナ猟”を体験してみよう!」のみ要事前予約。お申し込みはこちらから

トークショー《“ワナ猟”の話を聞いてみよう》

山のなかに直径15cmのくくり罠を設置して、鹿や猪をとるワナ猟師という仕事。 足跡や葉っぱについた泥など、山の中にあるさまざまな情報を集めて、広い面積の中からワナの場所を決めます。 動物たちとの真剣な駆け引きについて、写真などを見せながらお話します。

●時 間:11:00~11:30

※トークショー「”ワナ猟”の話を聞いてみよう」は ご予約なしでどなたでもご参加いただけます。

 

《“ワナ猟”を体験してみよう!》

縄文時代から日本人は鹿や猪を獲っていたと言われますが、足が遅い人間はどうやってつかまえていたでしょう? きっと命がけの試行錯誤を何世代も繰り返して、ワナの仕組みをつくりあげていたんじゃないかと思います。 シンプルで、でも確実に獲物を捕まえることのできるワナの簡易版をみんなでつくってみましょう。

●時 間:11:00~12:30(前半の、トークショー《“ワナ猟”の話を聞いてみよう》とセットでお楽しみいただきます)

●定 員:10名

●対 象:小学校高学年以上、もしくは5歳以上のお子さまは保護者同伴でのご参加をお願いします。

「“蜂追い”の話を聞いてみよう」「“スズメバチ”を知る ちょいさんぽ」

※「“スズメバチ”を知る ちょいさんぽ」のみ要事前予約。お申し込みはこちらから

トークショー《“蜂追い”の話を聞いてみよう》

空を飛ぶスズメバチを追いかけて、山の中にある巣を見つけ、それを捕獲する”蜂追い” 普段なかなか知ることができない、蜂追いのやり方や、蜂との関わり方、その喜びなどについてお話をします。

●時 間:13:15~13:45

※トークショー「“蜂追い”の話を聞いてみよう」は ご予約なしでどなたでもご参加いただけます。

 

《“スズメバチ”を知る ちょいさんぽ》

スズメバチの巣を獲ることを仕事にする蜂獲り師の話を聞いて、一緒にすこしだけ山を歩いてみましょう。 蜂のことや、動物のこと、植物のことなど、山にはたくさんの情報があふれています。 今まで気づかなかったそれらを知ることで、今までとは違う風景が見えるようになると思います。

●時 間:13:15~14:45(前半の、トークショー《“蜂追い”の話を聞いてみよう》とセットでお楽しみいただきます)

●定 員:10名

●対 象:小学校高学年以上、もしくは5歳以上のお子さまは保護者同伴でのご参加をお願いします。

鹿の骨と小枝でつくるドリームキャッチャー ~小諸を夢に持ち帰る~

※ご予約は満席になりました。

悪夢を捕え、良い夢を見れるというドリームキャッチャーの制作をします。 食され残った鹿の骨を、魔除けのお守りとして、再生させます。 夢の中で、小諸でのいい思い出を見させてくれるでしょう。

●参加費:無料

●時 間:午前の部11:30~12:30、午後の部13:45~14:45

●定 員:午前の部・午後の部それぞれ15名

●対 象:5歳以上。小学生のお子様は保護者同伴でのご参加をお願いします。

●講 師:片山なのあ イラストレーター

子供向け商品や絵本などのイラストを描く一方、子供向けの美術指導も定期的に行う。 http://www.nanoa.net/

帰ってきたコモレンジャー!秋の収穫祭編

※要事前予約。お申し込みはこちらから

「コモレンジャー」が秋の小諸に帰ってくる! 今度は森の秋を身にまとおう!春とは違った秋色の仮面とマントでパワーアップ! 見事仮面とマントが出来上がったら、君はもう立派な精霊チーム「コモレンジャー」! さぁ!君も小諸の森の精霊チーム・コモレンジャーになってみないか? キャプテンブラザースは君達を待ってます!!

●参加費:無料

●時 間:午前の部11:00~12:30、午後の部13:30~15:00

●定 員:午前の部・午後の部それぞれ10名

●対 象:5歳以上。小学生のお子様は保護者同伴でのご参加をお願いします。

●講 師:TAIZO

セツ・モードセミナー卒。主に雑誌・グッズ・WEB等で活動中。http://i.fileweb.jp/taizo/gallery/s

●講 師:タカセマサヒロ

イラストレーター デザイン事務所を経て独立。雑誌、広告、書籍表紙 etc… で活動中。 アナログ線画、MAC、アクリル画で制作。http://www.takase-anamogu.com/index.html

こんないきものいたらいいな!~森からの贈り物にいのちを吹き込もう~

※要事前予約。お申し込みはこちらから

鹿の骨や木の葉・木の実・木の枝などと、身近にある一度は捨てられたものを使って、小諸の森に住んでいそうな、「こんないきものいたらいいな!」を作ります。コラージュという技法を使って、 森からの贈り物にいのちを吹き込みましょう。

●参加費:無料

●時 間:午前の部11:30~13:00、午後の部13:45~15:15

●定 員:午前の部・午後の部それぞれ20名

●持ち物:作品の額になる空き箱、材料になる要らなくなったもの(あれば)

●対 象:小学生以上。小学生のお子様は保護者同伴でのご参加をお願いします。

●講 師:酒井賢司 イラストレーター・グラフィックデザイナー

武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。 HBギャラリー・霊山子供の村・福島県立美術館他、 全国で個展・グループ展・ワークショップを開催。 http://kenobject.exblog.jp/

枝をたのしむツリーハウスペン

※ご予約は満席になりました。

リンゴやブドウ、モモ、ナシといった果樹や白樺などの落葉樹を材料に一本のペンを作ります。ひとつとして同じものがない枝から、自分好みの枝を見つけ、自分好みの『ハウス』を飾り付けます。枝の感触・色・香りを楽しみながらの制作。出来上がったペンを使うたびに自然のぬくもりを感じていただけます。

●参加費:無料

●時 間:午前の部11:00~12:00、午後の部13:00~14:00

●定 員:午前の部・午後の部それぞれ15名

●対 象:小学生以上。刃物を使用いたしますので、小学生のお子様は保護者同伴でのご参加をお願いします

●講 師:矢野 晶子(やの あきこ) イラストレーター

『日常に寄り添える作品づくり』をテーマに絵画・立体作品を制作・発表する一方で、イラスト提供や雑貨などの販売もおこなう。 http://daily-plus.chips.jp

ツリーハウスツアー

※要事前予約。お申し込みはこちらから

それぞれのアートツリーハウスに、クリエイターがどんな想いをこめたのか。実際にツリーハウスを施行した職人の解説などを聞きながら、各ツリーハウスを巡るツアーです。

●参加費:無料

●時 間:午前の部11:15~12:00、午後の部13:45〜14:30

●定 員:午前の部・午後の部それぞれ15名

カプラの森のツリーハウス

※要事前予約。お申し込みはこちらから

小諸の森を感じ、カプラを使い、森や木、川をイメージし創りあげ、子ども達による自由な発想で、ツリーハウスを創りあげていきます。 (午前の部:森を作ろう、午後の部:ツリーハウスを作ろう)

●参加費:無料

●時 間:午前の部12:30~13:15、午後の部13:30~14:15

●定 員:午前の部・午後の部それぞれ10組

●対 象:小学生以上。親子での参加可。

●講 師:原 小由紀

木育てらこや http://hara-family.muse.bindsite.jp/futaba/

朝撮りフォトトレイルで秋の感度を上げていこう!

※要事前予約。お申し込みはこちらから

朝の澄みわたる空気の中で、秋の自然を撮りませんか?紅葉の里山や田舎の風景、朝露に輝く木の実や葉っぱなど、自分好みの一枚を探します。色とりどりの自然を感じてから、「信州の収穫祭2016」本番に突入しましょう。写真はブックカバーとしてプレゼント。

●参加費:500円(マップ代+保険代+ブックカバー紙代)

●時 間:9:30~10:30 ※イベント開始前の時間に出発となりますのでご注意ください。

●定 員:10名

●持ち物:カメラやカメラ付ケータイ、運動靴、防寒着、飲み物、その他各自必要なもの

●講 師:小島 真一

炭火でスモアディップ作り

商店街で部活!「スイーツ部」

あつあつトロトロのスモアディップを作って、ココナッツサブレにたっぷり付けて食べよう。今が旬のりんごが入った小諸風スモアです。

おでかけたぬき変幻セット

たぬきのおみみをパチンとつけて、ポシェットさげて、落ち葉を頭にのっけたら、おでかけたぬきになっちゃうよ。 ポシェットに落ち葉のお金をたくさんいれて、森に遊びにいってきまーす!

●参加費:300円

●時 間:随時(昼休みあり)

スタジオ解放区/2005年に設立。民俗×アート×まちむすびをコンセプトにした多彩なプロジェクトを、様々な地域で展開中。http://kurosio.blog4.fc2.com/

Otonowa

ドラムサークル

0歳から100歳以上までどなたでも参加OK。輪になってタイコを鳴らして命のリズムをわかちあおう!

リズムを使ったコミュニティづくりの手法『ドラムサークル』で、人と人とが心地よくつながる場づくりをしています。企業や組織の研修、学校教育現場、福祉施設、イベントなど様々な場所で展開中。

ANIMAL MASK

秋色の美しい森の中で、ダンボール、フェルト、小枝などの素材でアニマルマスクをつくります。完成後はフォトブースで動物になりきって写真を撮ってみましょう。芸術の秋、アニマルマスクをつけて収穫を一緒にお祝いしましょう。 ※写真は完成イメージです

●参加費:500円

●時 間:11:00 13:00 14:00(1時間入れ替え制)

●定 員:各回10名

●受 付:当日予約受付

●講 師:coeda (Keina / Kae / Mariko)

「つくりたいものをつくってみよう」をコンセプトに、たのしいものづくりを提案。http://coeda-mag.tumblr.com/